グループダイエットの方が成功率が高い

ダイエットは一人でも行うことが出来るものなのですが、しかし一人でやるとなるとかなりの根気が必要になります。
毎日走れば良いと言っても一人でジョギングをすることが寂しいと感じられることはありますし、会う人がみんな好きな物を食べているのに自分だけ食事制限に従って食べたいものが食べられないということになるとやる気も無くなってしまうでしょう。
しかし、そうした人にこそ向いているダイエット方法となっているのが「グループダイエット」という方法です。
これは複数人、おおよそ5人前後などの比較的少人数でグループを組んで互いに状況を報告し合いながらダイエットに取り組むものです。
この際には事前にコミットメントなどと呼ばれる約束事を互いに言いあうことが重要です。
例えば「これから一週間はタンパク質が多い食事を積極的に食べる」、「一週間で10キロは走る」、「いつも飲んでいるジュースをミネラルウォーターに変える」といったような具合です。
こうした事前に取り交わした約束事を一週間後に全員で集まって守れたかどうかを発表し合うのです。
発表された側は約束事が出来ていたのであれば褒めて、約束事が守れなければ次回は頑張ろうと励まし合うわけです。
このグループダイエットのメリットは何と言っても一緒にダイエットに取り組む仲間が出来ることにあります。
一人でジョギングをするのが寂しいのであればその仲間を誘って一緒に走れば良いわけですし、食事制限をしているのは自分だけでは無いと思うことが出来ます。
こうしたことはダイエットにとって非常に大きな動機づけに関わりますから、一人ではいつも失敗するという人でも仲間がいることで継続へのやる気が生まれてくるわけです。
最近ではインターネットを中心にグループダイエットを主催するグループが出てきたり、団体単位で取り組んでいるようなところもありますから積極的に入っていくと良いでしょう。

グループダイエットの秘訣

複数人で行うことで、お互いを意識して続けやすくなるのがグループダイエットのメリットです。
一人でダイエットをしていると孤独ですし、今日はいいか、明日からやればいいか、など自分に甘えてしまうことも多いです。
それがズルズル引き続くと、なかなか減量効果が得られません。
グループダイエットは次回までにどれくらい痩せるという目標をグループの前で宣言するので、モチベーションを維持しやすくなります。
また、自分と同じように頑張っている人がいるということが刺激を与えることにつながるので、成功しやすいです。
一人でやるダイエットは、一時的には頑張ることはできても、継続させにくいです。
見張りのいない状態でダイエットを続けるとなると、次第に自分に甘えが出てきてしまいます。自分に厳しい人だときっちり守って成功させられる可能性もありますが、そういう人でも気持ちががんじがらめになって不健康なダイエットに走ってしまう恐れもあります。いわゆる摂食障害など、心の病気に陥ってしまう危険性もあります。
これと違ってグループダイエットは仲間と一緒に自分のペースで痩せていく方法なので、無理がかからず、孤独も感じずに続けることができます。
また、減量の知識に詳しいプロが食事や運動などの指導を行ってくれるので、正しい知識を蓄えながら健康的なダイエットができるというのも大きなメリットです。
誰かと集まってやることが好き、一人でやっているとだらけてしまう、という人であれば、グループに参加してみると良いでしょう。
成功させる秘訣は、まわりをちゃんと意識して行うことです。グループに所属しただけで満足せずに、積極的に活動に参加するようにしましょう。

ダイエット中に気を付ける注意点

ダイエット中に気をつけるべきは、カロリーの高いドリンクです。
手軽に飲めるし、喉が渇いた時に軽く飲んでしまう人が多いですが、カロリーが高いドリンクを飲んでしまうと、どんなに一生懸命運動したとしても、努力がすべて水の泡になってしまいます。
甘くてカロリーが高い飲み物はもちろん、ビールなどのアルコール飲料もカロリーが高いので、ダイエットには大敵です。
また、ダイエット中は食事の量を減らすので、良質な食べ物を食べるように注意しなければなりません。
同じような食材でもミネラルやビタミンなどを多く含んだ食材を選ぶようにすることが大切です。
例えば、白米を玄米に代えるようなことをすると良いです。
ジャンクフードなどは避け、カロリーは低いが高栄養価の野菜を食べるようにすると良いです。
また、タンパク質を摂取するために肉を食べるのではなく、豆腐や納豆などを摂るようにするのも良いです。
タンパク質の摂取量が減ってしまうと、体調を崩しやすいので、良質なタンパク質を含む、低カロリーな食材は大目に摂るべきです。
ダイエット中は生活の中の刺激を少なくするようにすることも大切です。
ストレスはビタミンを破壊しますし、刺激が多いと疲れてカロリーの高い食べ物を食べたくなったりするからです。
適度な運動はダイエットにも良いですが、激しすぎる運動は刺激が強すぎてダイエットに悪影響をもたらすこともあるので、注意して行うようにしなければなりません。
ダイエットは食事制限と運動だけで達成されると考えている人もいますが、脳を使うことでも痩せる事は可能です。
体ばかりを使うと体を痛めたりする可能性もありますから、脳を使ったダイエットも取り入れた方が良いです。

ページの先頭へ戻る