ダイエットの救世主、ビーファットとは?

ダイエットを成功させるためのポイントは食事療法と運動療法です。生活習慣を見直すことでダイエットが可能というのはわかっていても、なかなか達成することが難しいものです。一方で度を超した肥満は身体に与える負担が大きいため、世界的にダイエット効果がある医薬品が開発されています。その代表的なダイエット医薬品がゼニカルです。
ゼニカルは有効成分にオーリスタットが含まれています。身体を太らせるものとして脂質があります。これらを摂取すると胃でトリグリセリドに分解されます。この状態では腸壁を通過することは出来ず、更に肝臓で作られるリパーゼがトリグリセリドをグリセロールと脂肪酸に分解して体内への吸収を高めています。このため油を摂取してもリパーゼが働かなければ身体に取り込まれるのは僅かになります。オーリスタットは、このリパーゼの働きを阻害することによって油の吸収を抑えることができ、その結果、体内に脂質を吸収させずにそのまま排出させる効果が期待できます。

一方でゼニカルにはいくつかのジェネリック医薬品が販売されており、そのひとつがビーファットです。ビーファットはゼニカルと同じオーリスタットが含まれており、先発薬のゼニカルよりも安価に購入することができます。
ビーファットを服用するのもゼニカルを服用するのもほぼ同じ効果を得ることができます。具体的な効果としては余分な油分を30%吸収せずに体外に排出するというもので、食事制限を行っているさいに脂っこいものを食べてしまった時などにビーファットを摂取することで、ダイエットに高い効果を発揮します。暴飲暴食をしてしまったあとはビーファットを使う方が多い一方で、ビーファットを服用する際に注意しなければならないのが副作用です。

副作用として直接的に現れるのが下痢です。油分を吸収せずに排出するという性質上、大便に含まれる油分が多くなるため、下痢をしやすくなります。ある意味では作用をしている証拠ですが、過度な油分の排出は大便が非常にゆるくなるため、意図せず肛門から出てしまう可能性もあることから、用法用量を守ることが重要です。
また間接的な作用として考えられるのがビタミンの欠乏です。ビタミンは身体を維持する上で欠かせない栄養素です。ビタミンには水溶性ビタミンと油溶性ビタミンがありますが、ビーファットを服用すると油溶性ビタミンの吸収も阻害してしまいます。このためビーファットを服用するさいにはビタミン系のサプリメントを利用するなどしてビタミン不足に陥らないように注意することが重要です。

ページの先頭へ戻る